購入回数

株取引を始めてみると見込み通りに値上がりして儲かったり、期待に反して買った途端に値下がりを始めたために仕方なく売却したりなどを繰り返していくと思いますが、株取引を続ける上で気を付けておくべきことがいくつかありますので、主なものを紹介します。

資金管理と購入回数とはすぐには結びつかないのですが、あなたが株を1万株買うとしたら、どのように買いますか。まとめて一回で購入するとしたら、ちょっと待って下さい。

以下に1万株を1回で購入するときと、数回に分けて買う場合の収支を比較してみます。

ある株が1000単位で株価1000円を5千株買い1500円で売る場合の収支

・一回で買う時の収支:(1500-1000)*1000*5=25万円

・値下がりに合わせて複数に分けて買う時の収支

1回目:株価1000円で 千株買い:(1500-1000)*1000*1=5万円
2回目:株価 800円で2千株買い:(1500- 800)*1000*2=14万円
3回目:株価 600円で2千株買い:(1500- 600)*1000*2=18万円
合計:37万円

・値上がりに合わせて複数に分けて買う時の収支

1回目:株価1000円で 千株買い:(1500-1000)*1000*1=5万円
2回目:株価1200円で2千株買い:(1500-1200)*1000*2=6万円
3回目:株価1300円で2千株買い:(1500-1300)*1000*2=4万円
合計:15万円

値下がりをした場合は、複数回に分けて購入する場合は利益が大きくなります。

値上がりした場合は1回で購入した場合より利益が減少していますが、値上がりを確認してから買い増しをしているので、値下がりのリスクを回避して利益を必ず確保できる運用をしています。

このように、複数回に分けて購入する方法はリスクおよび資金管理の観点から、非常に適切であることが言えると思います。

また、これは後で紹介するロスカットポイントと並ぶ有効な運用方法です。

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券

error: Content is protected !!