競争戦略

「競争要因」に競争優位性を確保する為の考え方です。

M.E.ポーター氏は具体的には以下のような戦略を提唱しています。

コストリーダーシップ戦略  競争要因に対する競争優位性を「低コスト」で確保する戦略で、低コストは「規模の経済(きぼのけいざい)」や「経験効果(けいけんこうか)」で実現する事が一般的です。 このため、この戦略は大量生産が可能で製品開発・生産・販売で標準化が可能な製品に対して効果的な戦略です。

低コストによって競争優位性が確保されるのは、以下の理由によります。

1.低コストによって競合他社より低価格で販売することが
可能となります。

これによって、市場でのマーケットシェアを確保する
ことが可能となります。

2.競合他社と同じ価格で販売する事により、競合他社より
大きな利益を得る事が可能となります。

これにより、更なる事業展開の余力を確保する事が可能
となります。

差別化戦略  「競争要因」に対して製品やサービスに差別化を図る戦略のことです。 差別化を図る事が可能な要素は以下の通りに様々です。

差別化の要素例)
製品、デザイン、機能、ブランドイメージ、技術力、
アフターサービス

この差別化は顧客がその違いを認識して、かつ長期間競争要因に模倣されない事が重要です。

この差別化が成功した場合は、新たな企業が新規参入しづらくなる事があり、特にこのような要素を「参入障壁(さんにゅう しょうへき)」と呼びます。

集中戦略
(ニッチ、
すきま戦略)
 特定の顧客層、地域市場、流通チャネルに事業展開を集中する事を言います。 この戦略の最大のメリットは特定の市場に絞る事によりコストの低減を図れる事です。

また、製品自体をその市場に特化する事が差別化につながる事になります。

なお、特化した市場でのシェアは確保されますが、全体のシェア確保には至りません。

「規模の経済」と「経験効果」とは? 「規模の経済」

生産規模が拡大した時に、生産規模の拡大以上に生産量が増大する事です。

例えば、100万円のコストで100台の生産を行っている場合、コストを200万円に拡大したところ、400台の生産量になったとしたら、1台に掛かるコストが今までの50%になったことになります。

このように、生産規模の拡大で掛かるコストが低減される効果を指します。

「経験効果」

生産活動の継続で得られる経験の蓄積が効率的な生産を生み出し、コストダウンにつながるという考え方です。

例えば、100台の生産を行っている場合、当初は4日必要でコストが1日あたり50万円 X 4日=200万円必要でしたが、経験を積む事で、2日で生産が可能となった場合は、必要なコストは1日あたり50万円 X 2日=100万円で生産可能となりました。

このように生産性の向上でコストが削減される事を指します。

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券