移動平均乖離率

逆張り系のテクニカル指標では非常に一般的なものです。

これは、移動平均線から株価がどれだけ離れた(乖離した)かをあらわす指標です。

株価の過去の平均を曲線としたものが移動平均線ですが、株価の一時的な大幅な変動には移動平均線は追従できません。

しかし、一般的に株価は移動平均線に向けて収束される習性があるため、乖離率から売買のタイミングを見極める事は非常に有効な手法とされています。

なお、移動平均乖離線の上昇・下降の向きが株価のトレンドと見なします。

・移動平均乖離率の見方

乖離率が大きいときが「買い」のポイント

乖離率が小さいときが「売り」のポイント

・しかし、株価が大きく上昇や下降を続けたときは、乖離率が大きい状態で遷移するため、指標としての有効性が薄くなる等の短所を持っています。
8-4-1-kairi

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券