株式分割の権利を得る

株式分割とは

企業が発行している1株を1.5株や2株にするなど、発行済みの株を細分化することです。
具体的に説明すると株主が所有している株が100株だとすると、1:2の株式分割を行われた場合は
200株を持つことになるのです。
さらなる投資をせずに倍の株を持てることになるのです。
ただし、この場合の株価は株式分割数に相応して下落します。
しかし、一定期間を経ると株価が落ち着き200株を売却しても損がでない株価にもどります。

株式分割のメリットは

企業にとっての一番のメリットは株式が流通しやすくなることです。
上場の最大の目的は市場からの資金の募集です。
このためには株式が流通していることが必要です。
しかし、業績の好調が続くと株主が増え株価も上がり株式の流通が滞ります。
これでは新たな売買がされにくくなり、企業と投資家の双方にうまみがありません。
そこで、株数を増やすことで株価を下げて買いやすくすることで流通を促します。
また、これにより企業の時価総額が増える事もあります。

株式分割のしかし

所有している株が運よく株式分割を実施されれば、このような恩恵に預かれますが、
通常は事前の公表がありません。
このため、普段から以下の点に着目して銘柄を探す必要があります。
・株価が割高になっている。
・過去に株式分割の実績がある。
・業績が好調