株式とは

株式とは株式会社が資金を集めるために発行した有価証券の事をいいます。

株式会社が株式を発行した数量は発行株数と言います。

株式の発行株数はその会社の資本金の多さを表しますが、投資家にとっても発行株数の量は、株式市場においての流動性に影響を与えます。

たとえば、売買取引の取引量のことを「出来高(できだか)」と言いますが、発行株数に対して次のような関係があります。

発行株数が多い場合:出来高が多くなり流動性が高まりますので、あなたが買いたい時に、あるいは、売りたいときにすぐに売買が可能です。

発行株数が少ない場合:出来高が少なくなるため、なかなか、売れない等の影響が出てきます。

但し、発行株数が少ない場合は、多少の取引で株価が動きやすくなるため、利幅が取りやすい特徴もあります。

あなたが株式を買うという事は、正確にはその会社に「出資」した事になり、あなたはこの会社の「株主」となる事を意味します。

(正式には、株主名簿に氏名、住所を記載する名義書換をしてからですが。)