投資スタイル

あなたは株を買ったあとは、その株をいつ売りますか。

「そんなの、値上がりしたら、すぐ売るよ!」と言われそうですが、買った株を売るまでのスタイルを株を保有している期間によって、以下のように呼びます。

(専門用語で買うことを「仕込み(しこみ)」、売ることを「手仕舞い(てじまい)」・「利食う(りぐう)」と言います)

・長期ホルダー:
1ヶ月以上の期間を持ち続けて株価の上昇トレンドが転換した時に手放すスタイルを言います。

ロングホルダーとも言います。

・中期ホルダー:
1週間の間に株を買って・売るスタイルを言います。

株価の小刻みな上昇・下降トレンドに合わせて株の売買を行います。

スイングトレーダーとも言います。

・日計り売買 :
1日の間に株を買って・売るスタイルを言います。

1日の株価の小刻みな上昇・下降に合わせて株の売買を行います。

デイ・トレーダーとも言います。

さて、あなたはどの売買スタイルが可能でしょうか。

もし、あなたが会社員であれば、一日中部屋に閉じこもり机にかじりついて、パソコンを見つめながら、株価の動きをリアルタイムにウオッチする事は無理だと思います。

そうであれば、あなたは日計り売買、デイ・トレーダーは無理だということになります。

しかし、会社から帰宅してお休み前のひと時に、その時間に放送される経済番組などを見た後で、その日の株価の動きを確認して、今後の投資戦略を検討するなどのライフスタイルはいかがでしょうか。

それなら、スイング・トレーダーやロングホルダー等があなたに向いていると思われます。

このように、あなたのライフスタイルを振り返り、それに相応しい売買スタイルを作り上げるのも、株と長い付き合いをする上での大事な要素になります。

そして、あなたの売買スタイルが確立することで、それに相応しい情報源を収集して活用する事が可能となって行きます。

それでは、どのようなステップを経て銘柄を選び、売買すべきかをご紹介したいと思います。

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券