成長戦略

 「競争要因」との競争優位性は競争戦略で確保しますが、市場に対しての発展の考え方には別の戦略が必要となります。

 それが「成長戦略」と呼ばれる考え方です。

アメリカの経営学者アンゾフ(H.I.Ansoff)は、 これを「成長ベクトル」として提示しています。

市場浸透戦略  その事業がターゲットとしている市場でいかに成長するかという戦略。 この戦略では、既存顧客の売上増加と潜在顧客の発掘が主目的となります。

例)
・電気製品量販店のポイントカード発行による顧客囲い込み
・インターネット・プロバイダー等でのお友達紹介キャンペ

ーン等での潜在顧客の発掘

製品開発戦略  同じ市場で異なる製品を投入して、更に事業を成長させる考え方です。 例)
・マイクロソフトによる、パソコン市場へのWindowsOS製品や
word・excel等のビジネス用ソフト製品の投入
・三菱電機の国産高級スピーカー「ダイヤトーン」が従来の
2倍の音域を持つ新機種を本格販売
市場開拓戦略  同じ製品をそのまま、あるいは改良して異なる市場に投入して事業を成長させる考え方です。 例)
・日産自動車の「LEXUS」の日本上陸
・パラマウントベッドによる、介護用ベッドの開発・販売
多角化戦略  異なる市場に新たな製品で事業を成長させる考え方です。 例)
・ホンダによるバイク事業から自動車事業への多角化
・ヤマハによるピアノ事業からオ-トバイ,スキ-,
ステレオ事業への多角化

なお、多角化戦略以外はそれまでに蓄積した市場へのノウハウや資産(顧客や販売チャネル)を有効活用する事が可能です。

このような効果を「シナジー」(相乗)効果と言います。

これにより、事業成長の可能性が高いのですが、多角化戦略はそれまでの蓄積が活用できないため、失敗するリスクが高い戦略と言われます。

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券