株の銘柄選びはここから

個々の会社の情報を収集して買うべき銘柄を選びます。

「だけど、そもそもその情報はどこを見ればいいー」

ごもっともですね。

では具体的にはどのような情報をどこから収集すべきでしょうか。

それをご紹介しましょう。

1.会社全体の情報を知りたい。

株を買うと言ってもまとまった資金が必要なのは既にご説明しました。
ならば、大事なその資金は「これは!」と感じた会社に投資したいですよね。
そのためには会社そのものを良く知りたいと思いませんか。

「そんなに良い情報がどこにあるんだ?」

それがあるのです。
そして非常に良くまとまった形で提供されています。
それが以下に紹介する情報です。

~会社四季報、日経会社情報~

いずれも「株式投資のバイブル」と呼ばれる程の情報媒体です。
会社の業績予想を中心に、所在地や財務情報や株主など、
会社を知るうえで欠かせない重要な情報が完全に網羅されています。

元となる情報は上場会社に送ったアンケート調査表の回答です。
これらは紙媒体だったりCD-ROM、またはインターネットからでも利用できます。
CD-ROMはスクリーニング機能が優れています。

3、6、9、12月の年に4回発売されます。

特におすすめは6月に発売される「夏号」です。
というのも、日本の企業では決算月を3月末に設定している会社が多いからです。

この年度末決算の結果が掲載されるのが夏号。
マーケットへの影響が大きいのも夏号なのです。

・会社四季報

発売と同時に有望銘柄が値上がりを始めると言われています。
特に凄いのは各会社を担当する記者がおり、会社規模の大小を問わず
きめ細かい取材をしている事です。
このため会社四季報の業績予想が会社の公表値を超える事があります。

会社四季報オンライン画面

会社四季報オンラインはこちらからどうぞ

会社四季報オンラインfacebook

・日経会社情報
日本経済新聞社が発売している専門情報誌です。
会社四季報と同様に会社を知るうえで不可欠な情報を網羅しています。

※「日経会社情報」は3月17日発売の「2017春号」をもって休刊します。

日経会社情報デジタルホームページ

日経会社情報デジタルホームページはこちらからどうぞ

日経twitter

2.値上がりが期待できる銘柄を知りたい。

「会社四季報、日経会社情報では情報が多くて良く分からないよ。」
「値上がりが期待できる銘柄が分からないよ。」
お、早速、これらを眺めてこんな声が聞こえて来ました。

「もっと、手っ取り早く株の銘柄を知りたい。」

そうですよね、それを知りたくてこのページに来たんですよね。
実は私もその一人ですよ。
そんなあなたの期待にドンピシャな雑誌も実は発売されています。
~銘柄情報誌~
会社情報の網羅では無く専門家の切り口からこれから値上がりが見込める株の銘柄の紹介に特化している情報誌です。
会社の情報も大事ですが、会社四季報などの期間雑誌よりももっとタイムリーな情報を得られるのが特徴です。
例えば、以下のような情報です。
・現在ホットな株銘柄情報
・海外経済の情報
・国内の経済や株価、為替の情報
・オール投資四季報の各社担当が取材するケースが多い四季報発売前の東洋経済本誌
・オール投資の四季報先取り特集の各種ランキング,「注目の会社」

・週刊東洋経済
会社四季報オンラインfacebook

・「ダイヤモンド・ザイ」
ダイヤモンド・ザイtwitter

・「日経マネー」
日経マネーtwitter

・「ネットマネー」
ネットマネーtwitter

株初心者の方は、四季報の新しい号で業績予想を上げてきたか、下げてきたかを必ずチェックする事がポイントです。

四季報が予想を下げたことで、機関投資家から売りが出ることもあります。

また、3月発売号での業績予想と、3月決算会社が本決算発表で出してくる業績予想のどちらが勝ってるかで、
機関投資家の売り/買いの大きな流れが変わるケースもあると思います。

3.証券会社の情報ツール

ネット証券会社も株銘柄に関する情報は豊富です。

証券会社の情報ツールを活用するメリットは疑問点を証券会社に迅速に問い合わせることができることです。

また会社四季報や日本経済新聞社、またはその他の専門機関との提携をして提携先の情報を利用可能としている場合が良く見られます。

例えば、会社四季報は購入すると年間2,060円X4号=8,320円ですが、以下のネット証券に口座を用意すると、
無料でチェックが可能です。
・SBI証券、野村證券、楽天証券、クリック証券、オリックス証券、マネックス証券、カブドットコム証券

更にこんな情報も見ることができます。
・楽天証券、マネックス証券の四季報速報は四季報の発売前の情報が見られます。
・リテラクレア証券では、週1回会社四季報最新銘柄レポートが見られます。
・丸三証券や野村證券は、日経テレコン21を通して日経会社情報 日経記事全文が見られます。

「えー、あの分厚い会社四季報が、タダで見られるの!!!」

そうなんです、
おどろきでしょー

あなたはこうして銘柄のおいしいネタをとりこぼしていたのかもしれません。
ですから、これから早速これらのツールを活用して「お宝銘柄」を掘り当てて下さい。

頑張れー