一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

一目均衡表は、チャート研究家である一目山人氏の考案によるものです。

過去の値動きと時間の概念が取り入れられており、上昇する期間と変化する日、つまり日柄の分析が出来ることが特徴です。

使用される数値は、波動形成の基本数値と対等数値を使用します。

基本数値は9,17,26,33,52,63・・・と続き、対等数値は 17,25,34,50・・・等です。

・一目均衡表を構成する要素は次の通りです。

基準線:その日以降過去26日間の最高値と最安値の単純平均による中間値線で、相場のトレンドを示します。
計算式は(26日間最高値+26日間最安値)÷2です。

転換線:その日以降過去9日間の最高値と最安値の単純平均による中間値線です。

先行スパン上限:基準線と転換線の中値を26日先行させて表示します。

先行スパン下限:過去52日間の高値と安値の中間値を26日先行させて表示します。

遅行スパン:その日の終値を26日遅行させます。

・一目均衡表の見方は次の通りです。

1.支持帯雲と抵抗帯雲:

先行スパン上限と先行スパン下限の間の面を「雲」と呼びます。

上雲:先行スパン上限と下限の間の面

下雲:上雲の逆

この雲が「支持帯雲(しじたいくも)」や「抵抗帯雲(ていこうたいくも)」の働きをする事があり、この雲を突き抜けることで、トレンドの転換と見なします。

2.三役好転、3役逆転

株価、基準線、転換線、遅行線が次の条件を満足した時の状態を言い、強力な売買ポイントとなります。

・三役好転(買いポイント)

株価が雲を上回っている。

転換線が基準線を上回っている。
(この状態を「均衡表が好転した」と言います。)

遅行線が26日前の株価を上抜いている。
(この状態を「遅行スパンが好転した」と言います。)

・三役逆転(売りポイント)

上記の条件を全て逆に満足した状態です。

8-2-ichimoku

ネット証券最狭スプレッド カブドットコム証券
手数料0円!はじめての「楽天FX」お取引で5,000ポイントプレゼント!
【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券
口座開設&お取引で最大100,000円相当プレゼント★SBI証券
DMM FX 最大20,000円キャンペーン FXを始めるなら≪DMM FX≫
操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実! GMOクリック証券